iPhoneの種類は

アップル社が開発しているスマートフォン「iPhone」。性能や使いやすさで言ったらiPhoneが一番だと感じている人は多いでしょう。2017年8月の時点で、一番新しい機種はiPhone7。これは初代から数えると第10世代iPhoneに当たります。初代iPhoneがアメリカで発売されてから2017年で10周年が経ち、種類も増え、なんだかややこしくなってきました。ここで、iPhoneの種類や人気機種についておさらいしましょう。

日本で初めて発売されたのは第二世代であるiPhone3G。その後、iPhone3GS、iPhone4、iPhone4S、iPhone5/5c、iPhone5s、iPhone6/6Plus、iPhone6/6sPlus/SE、iPhone7/7Plus、と続いてきました。 これらシリーズの中で最もよく売れたのは2014年発売のiPhone6/6Plus。液晶が大きくて見やすく、解像度も上がったので画面の鮮明さは一目瞭然。それまでのシリーズはRetinaディスプレイが採用されていましたが、この機種よりRetina HD ディスプレイが採用されるようになり、視野角が広がりました。視野角とは、正面から見たときと同じ色合いで見える角度のことです。視野角が広いと、お友だちと数人で同じ画面を見るときに見やすくなりますね。

さらに、液晶には化学強化カバーガラスが採用され、衝撃に強くなりました。デザインも、丸みを帯びたエッジ加工がなされ、スタイリッシュに。iPhone6/6Plusは、性能、強度、デザインすべてにおいて洗練されたシリーズとなったようです。 次いで、iPhone7/7Plus、iPhone6/6sPlusが高い人気を誇りました。しかし、iPhone6/6Plusを超えることはなかったようです。とはいっても、使いやすいと感じるかどうかや好みは人それぞれですね。自分に合った機種を見つけることが大切だといえます。

Copyrightc2017 iPhoneの種類 All Rights Reserved.